冷え性に効果的なファッション:腹巻きを解説


冷え性改善対策研究所
本文へジャンプ



冷え性の原因

「冷え性とは何か?」
「冷え性の原因は?」
「冷え性の症状」
「冷え性の種類」
「女性になぜ多いのか?」




冷え性の改善・対策

◎食事

○効果的な食べ物

「陽性の食べ物」
「ネギのみそ汁」
「各種ビタミンサプリ」
「香辛料」
「熱い烏龍茶」


○身体を冷やす食べ物

「陰性の食べ物」
「甘いもの」
「季節外れの野菜や食べ物」


○効果のある食べ方

「食べ合わせ」
「レシピ」



◎衣服&履物
 
「ショーツ
「5本指ソックス」
「腹巻き」
「レッグウォーマー」
「マフラー」
「サマーブーツ」



◎入浴

○入浴剤効果

「漢方薬湯」
「塩風呂」
「ドクダミ湯」



○入浴方法

「足の裏」
「足湯」


○入浴後の過ごし方

「野球ボール療法」
「塩ぬり療法」




◎運動

○ウォーキング

「冷え性によい理由」
「適したコース」
「歩き方」
「服装」
「グッズ」
「靴の選び方」
「3大タブー」
「ウォームアップとクールダウン」



○運動&体操

「背伸び運動」
「アキレス腱伸ばし」



○マッサージ

「焼き塩マッサージ」



◎ツボ

「足のつけ根」
「健康ハンマー」
「掃除機吸い玉療法」
「青竹踏み」
「使い捨てカイロ療法」



◎漢方薬

「体質別の漢方薬」
「海馬補腎丸(かいばほじんがん)」
「瓊玉膏(けいぎょくこう)」
「四物湯(しもつとう)」



◎アロマテラピー

「アロマテラピーとは?」
「ハーブとアロマの関係」
「アロマの取り扱い方法」
「アロマの保存方法」
「使ってはいけないアロマ」
「おすすめのアロマ」




◎その他

「扇風機」
「足裏日光浴」



>冷え性に効果的なファッション:腹巻きを解説


腹巻きについて


こちらのページでは

「冷え性の改善に効果的な腹巻き」

について説明しています。

「腹巻き」


 

おへそは身体の中でも、最も内臓に近い場所です。おへそを冷やすことはそのまま内蔵を冷やすことになってしまいます。腸などの機能低下は便秘や下痢などの症状につながります。


 

 女性の腹部には、身体の1/3の血液が流れていると言われています。女性のお尻やお腹に脂肪がつきやすいのは、子宮を冷えから守るためなのです。お腹を冷やしていると、生理不順、生理痛、不妊症、更年期障害などの婦人病にもつながります。


 

 さて、ここで一度自分のお腹を触ってみましょう。いかがですか?

 座り仕事をしている方は、多分暖かくなっていると思います。しかしこういった、仕事ではあまり動かない方が運動や歩行により汗をかいた場合はどうでしょうか?


 
一度汗をかいた時のお腹に触れてみて下さい。冷え性の方は、多分お腹が冷たくなっているはずです。

 
お腹は、手や足に続き、冷えを訴えている箇所と言えます。運動などによりしっかり汗をかいたはずなのになぜかお腹が冷たいのは、芯が暖まっていないからです。


 
例えば、暑いときのことを思い出してみてください。大抵の人は冷たい飲み物を飲んだり、涼しい風に直接あたったりすると思います。そういった行為を繰り返す事により、新陳代謝が衰えたり血の巡りが悪くなったりして、芯から温まっていないお腹が冷えるのです。


 
お腹の冷えは、手や足に比べると気がつきにくい箇所です。せっかく手や足を温めているのに、寝る時の格好がTシャツであったり、ズボンの裾からシャツを出したり等の格好で寝てしまっては、大事なお腹が冷えてしまいます。


 
お腹を温めるのに効果的なのが「腹巻き」です。朝がだるい・・等の症状がある方は、一度腹巻きをして寝てみてください。





関連ページ

冷え性に効果的な下着:ショーツを解説
冷え性に効果的な靴下:5本指ソックスを解説
冷え性に効果的な靴下:レッグウォーマーを解説
冷え性に効果的なファッション:マフラーを解説
冷え性に効果的なブーツ:サマーブーツを解説


冷え性改善対策研究所 | 冷え性改善に役立つ62の対策方法


リンク集

冷え性wiki



 Copyright©2006 冷え性改善対策研究所 All Rights Reserved.