冷え性改善に効果的:ハーブとアロマを解説


冷え性改善対策研究所
本文へジャンプ



冷え性の原因

「冷え性とは何か?」
「冷え性の原因は?」
「冷え性の症状」
「冷え性の種類」
「女性になぜ多いのか?」




冷え性の改善・対策

◎食事

○効果的な食べ物

「陽性の食べ物」
「ネギのみそ汁」
「各種ビタミンサプリ」
「香辛料」
「熱い烏龍茶」


○身体を冷やす食べ物

「陰性の食べ物」
「甘いもの」
「季節外れの野菜や食べ物」


○効果のある食べ方

「食べ合わせ」
「レシピ」



◎衣服&履物
 
「ショーツ
「5本指ソックス」
「腹巻き」
「レッグウォーマー」
「マフラー」
「サマーブーツ」



◎入浴

○入浴剤効果

「漢方薬湯」
「塩風呂」
「ドクダミ湯」



○入浴方法

「足の裏」
「足湯」


○入浴後の過ごし方

「野球ボール療法」
「塩ぬり療法」




◎運動

○ウォーキング

「冷え性によい理由」
「適したコース」
「歩き方」
「服装」
「グッズ」
「靴の選び方」
「3大タブー」
「ウォームアップとクールダウン」



○運動&体操

「背伸び運動」
「アキレス腱伸ばし」



○マッサージ

「焼き塩マッサージ」



◎ツボ

「足のつけ根」
「健康ハンマー」
「掃除機吸い玉療法」
「青竹踏み」
「使い捨てカイロ療法」



◎漢方薬

「体質別の漢方薬」
「海馬補腎丸(かいばほじんがん)」
「瓊玉膏(けいぎょくこう)」
「四物湯(しもつとう)」



◎アロマテラピー

「アロマテラピーとは?」
「ハーブとアロマの関係」
「アロマの取り扱い方法」
「アロマの保存方法」
「使ってはいけないアロマ」
「おすすめのアロマ」




◎その他

「扇風機」
「足裏日光浴」



>冷え性改善に効果的:ハーブとアロマを解説


ハーブとアロマについて


こちらのページでは

「冷え性の改善に効果的なアロマテラピー」

について説明しています。

ハーブと精油の関係


 

 芳香植物、ハーブの香りには様々な薬効があるといわれ、その薬効は精神面と肉体面の両方に働きかけると言われています。

 身体へは皮膚や肺から血管を通って全身に伝わりますが、心への働き方はまだ解明されていません。ただ、鼻から入った香りの分子は大脳に伝わり、本能や情動、記憶に関係する部分にアクセスすると言われています。


 

 ハーブの揮発性の有効成分を抽出したものが精油(アロマ)です。

 そこには、ハーブのもつ薬効が凝縮されています。ハーブに香りがあるのは、この精油があるからだと言われています。

 ハーブはそのままでも香りますが、摩擦を与えることでさらに強く香るようになります。それは、ハーブの花や葉にある精油のポケットが弾けるからなのです。


 

 精油はハーブより芳香成分が濃縮されているため、取り扱いには多少注意が必要ですが、初心者でも手軽にアロマテラピーに使えること、即効性があることが特徴です。用途によって、あるいは気分によって、ハーブと精油を上手に使い分けてください。





関連ページ

冷え性改善に効果的:アロマを解説
冷え性改善に効果的:アロマの使い方を解説
冷え性改善に効果的:アロマの保存方法を解説
冷え性のアロマ:使用厳禁な精油を解説
冷え性におすすめなアロマを解説


冷え性改善対策研究所 | 冷え性改善に役立つ62の対策方法


リンク集

冷え性wiki



 Copyright©2006 冷え性改善対策研究所 All Rights Reserved.