冷え性の冷え性による冷え性のためのホームページ

冷え性改善対策研究所
本文へジャンプ



冷え性の原因

冷え性とは何か?
冷え性の原因は?
冷え性の症状
冷え性の種類
冷え性は女性になぜ多いのか?


冷え性の改善・対策

◎食事

○冷え性に効果のある食べ物

冷え性に効果のある「陽性」の食べ物
「ネギのみそ汁」を毎朝一杯
冷え性に効果のある「各種ビタミン」について
冷え性の撃退に欠かせない特効薬である「香辛料」

○冷え性に効果のある飲み物

ティータイムには「熱い烏龍茶」

○冷え性によくない食べ物

冷え性の方は避けたほうがよい「陰性」の食べ物
「甘いもの」
「季節外れ」の野菜や食べ物

○冷え性に効果のある食べ方

身体を冷やす食べ物の害を消す「食べ合わせ」
生野菜を身体を冷やさない食べ物にする「調理法方」



◎衣服&履物
 
「ショーツ」
「5本指ソックス」
「腹巻き」
「レッグウォーマー」
「マフラー」
「サマーブーツ」



◎入浴

○入浴剤効果

体質に合った「漢方生薬」を湯に入れる薬湯
冷え性だけでなく神経痛にも効果的な「塩風呂」
冷え性だけでなく肌のトラブルにも効果的な「ドクダミ湯」


○入浴方法

「足の裏」をブラシや軽石でこすり体質改善
足腰の冷えにあら塩を入れた「足湯」

○入浴後の過ごし方

「野球のボール」を使い入浴効果をさらに高める
自律神経の働きを整え、全身の血行をよくする「塩ぬり療法」




◎身体への刺激

○ウォーキング

「ウォーキング」が冷え性によい理由
「ウォーキング」に適したコース
「ウォーキング」に適した姿勢
「ウォーキング」に適したウェアの選び方
「ウォーキング」用グッズ
「ウォーキング」に適した靴の選び方と正しい履き方
「ウォーキング」の3大タブー
「ウォームアップ」と「クールダウン」


○運動&体操

つま先立ちをする「背伸び運動」
ハイヒールが原因の冷え性に「アキレス腱伸ばし」


○マッサージ

へそ・腰・足の裏への「焼き塩マッサージ」
「足のつけ根」を3本指で指圧



◎ツボ

「健康ハンマー」を使って手足のツボを刺激
「掃除機」を使って手足のツボを吸引
「青竹」を使った冷え性体質の改善
手足の冷え対策に「使い捨てカイロ療法」


◎漢方薬

夏場のクーラーが原因の冷えに「体質別の漢方薬」
中国の名薬「海馬補腎丸」
韓国生まれの「瓊玉膏」
冷え性や更年期症状に「四物湯」


◎アロマテラピー

アロマテラピーとは?
ハーブと精油の関係
精油の取り扱い方法
精油の保存方法
症状別・使ってはいけない精油早見表
冷え性に悩む方におすすめの精油と楽しみ方



◎その他

クーラーの冷気に「扇風機」
つらい冷え性に1日5分間の「足裏日光浴」



◎健康だるま

病気平癒だるま
厄除け祈願だるま
回復祝いだるま
健康長寿だるま
無病息災だるま
ワンちゃんだるま・グリーン



体質に合った「漢方生薬」を湯に入れる薬湯

こちらのページでは

「冷え性の改善に効果的な漢方生薬をいれた薬湯」

について説明しています。


体質に合った「漢方生薬」を湯に入れる薬湯


 

 ひと口に冷え性といっても、その原因や症状は人によって様々です。


 これは人によって体質が異なるからで、当然、治療法や服用する薬もその人の体質や症状によって違ってきます。冷え性の補助療法として、漢方生薬を入れたお風呂(薬湯)に入浴する療法があります。この場合も、その人の体質や症状に合った生薬を用いれば、かなりの効果が期待できます。


 そこで、漢方的にみた冷え性のタイプのうち、代表的な4つのタイプと、そのタイプに合った生薬について紹介いたします。


 

 

腎陽不足証(じんようふそくしょう)

 

 足腰がいつもだるく、疲れやすいという人がこのタイプです。「腎陽不足症」とは「腎」(西洋医学でいう腎臓の働きだけでなく、ホルモン系や生殖器系などの働きも含む)に身体をあたためるエネルギー(陽気)が不足しているタイプで、そのため冷えや倦怠感があらわれます。このタイプの人には「またたびの実」「黒文字の実」「呉茱萸(ごしゅゆ)」といった生薬がおすすめです。


 

 

血虚受寒証(けつきょじゅかんしょう)


 

 血液が不足している状態を東洋医学では「血虚」といいます。「血虚受寒証」は血圧が低く、常に貧血気味で、それが冷えを助長しているのです。このようなタイプの人には、血の不足を補う「当帰(とうき)」「せんきゅう」「干葉(ひば)」がよく効きます。


 

 

肝気鬱結証(かんきうっけつしょう)


 

 体内には「気」(生命エネルギー)がめぐっていますが、「肝気鬱結証」は文字通り「肝」の気のめぐりがとどこおっているタイプで、ストレスが強く、イライラすると冷えるのが特徴です。肝気鬱結証には、「陳皮(ミカンの皮)」「ハッカ」「しその葉」が効果的です。


 

 

血瘀阻絡証(けつおそらくしょう)


 

 血の巡りが滞っているために、のぼせやすいのがこのタイプの特徴です。したがって、血行促進効果のある「紅花(こうか)」「当帰(とうき)」「せんきゅう」といった生薬を使います。


 

 複数のタイプに思い当たる点のある方は、漢方薬局で相談してブレンドしてもらってください。


 

 

薬湯のたて方


 

  1回あたり20~100gの生薬を木綿かガーゼで作った袋に詰めて、お風呂に沸かすときに袋ごと浴槽に入れます。


 給湯式のお風呂の場合は入浴する20分ぐらい前にお湯に入れておきます。


お湯の温度はぬるめ(40度前後)にして、足から腰まで20~30分間浸かってください。

2週間ほど続けると、効果が現れてくるはずです。




     健康だるま
 健康だるまは、全部で6種類あります。

病気平癒だるま
詳しくは「病気平癒だるま」のページをご覧になってください

厄除け祈願だるま
詳しくは「厄除け祈願だるま」のページをご覧になってください

回復祝いだるま
詳しくは「回復祝いだるま」のページをご覧になってください

ピンピンコロリだるま
詳しくは「健康長寿だるま」のページをご覧になってください

無病息災だるま
詳しくは「無病息災だるま」のページをご覧になってください

ワンちゃんだるま・グリーン
詳しくは「ワンちゃん達磨・グリーン」のページをご覧になってください




冷え性改善対策研究所 | 冷え性改善に役立つ62の対策方法



リンク集

冷え性wiki


 Copyright©2006 冷え性改善対策研究所 All Rights Reserved.