冷え性改善の食事や冷え性改善の飲み物など冷え性の改善法なら

冷え性改善に効果的な食事を紹介しています。

   
冷え性改善対策研究所
本文へジャンプ



冷え性の原因

冷え性とは何か?
原因は?
症状
種類
女性になぜ多いのか?



冷え性の改善・対策

◎食事

○効果のある食べ物

「陽性」の食べ物
「ネギのみそ汁」を毎朝一杯
「各種ビタミン」について
特効薬である「香辛料」

○効果のある飲み物

ティータイムには「熱い烏龍茶」

○よくない食べ物

避けたほうがよい「陰性」の食べ物
「甘いもの」
「季節外れ」の野菜や食べ物

○効果のある食べ方

身体を冷やす食べ物の害を消す「食べ合わせ」
生野菜を身体を冷やさない食べ物にする「調理法方」



◎衣服&履物
 
「ショーツ」
「5本指ソックス」
「腹巻き」
「レッグウォーマー」
「マフラー」
「サマーブーツ」



◎入浴

○入浴剤効果

体質に合った「漢方生薬」を湯に入れる薬湯
冷え性だけでなく神経痛にも効果的な「塩風呂」
冷え性だけでなく肌のトラブルにも効果的な「ドクダミ湯」


○入浴方法

「足の裏」をブラシや軽石でこすり体質改善
足腰の冷えにあら塩を入れた「足湯」

○入浴後の過ごし方

「野球のボール」を使い入浴効果をさらに高める
自律神経の働きを整え、全身の血行をよくする「塩ぬり療法」




◎身体への刺激

○ウォーキング

「ウォーキング」が冷え性によい理由
「ウォーキング」に適したコース
「ウォーキング」に適した姿勢
「ウォーキング」に適したウェアの選び方
「ウォーキング」用グッズ
「ウォーキング」に適した靴の選び方と正しい履き方
「ウォーキング」の3大タブー
「ウォームアップ」と「クールダウン」


○運動&体操

つま先立ちをする「背伸び運動」
ハイヒールが原因の冷え性に「アキレス腱伸ばし」


○マッサージ

へそ・腰・足の裏への「焼き塩マッサージ」
「足のつけ根」を3本指で指圧



◎ツボ

「健康ハンマー」を使って手足のツボを刺激
「掃除機」を使って手足のツボを吸引
「青竹」を使った冷え性体質の改善
手足の冷え対策に「使い捨てカイロ療法」


◎漢方薬

夏場のクーラーが原因の冷えに「体質別の漢方薬」
中国の名薬「海馬補腎丸」
韓国生まれの「瓊玉膏」
冷え性や更年期症状に「四物湯」


◎アロマテラピー

アロマテラピーとは?
ハーブと精油の関係
精油の取り扱い方法
精油の保存方法
症状別・使ってはいけない精油早見表
冷え性に悩む方におすすめの精油と楽しみ方



◎その他

クーラーの冷気に「扇風機」
つらい冷え性に1日5分間の「足裏日光浴」



◎健康だるま

病気平癒だるま
厄除け祈願だるま
回復祝いだるま
健康長寿だるま
無病息災だるま
ワンちゃんだるま・グリーン



冷え性改善の食事について

冷え性改善に効果的な食事を説明しています。


こちらのページでは

「冷え性の改善に効果的な食べ方」

について説明しています。


身体を冷やす食べ物の害を消す「食べ合わせ」


 

 日本には昔から「食べ合わせがよい」とか「食べ合わせが悪い」という言い方があります。よく言われるのは「ウナギと梅干」の食べ合わせで、油と酸が反発し合って腹痛を起こすというものです。


 

実際、食品の組み合わせによって、「一方の食品に含まれている成分が、他方の食品に含まれる成分と化学的に反応して身体に有益な物質に転化したり」、逆に「有害な物質になって中毒を引き起こしたり」、あるいは「有害な成分を中和する」といったことがあります。



 昔からある「大根おろしに酢をかける」とか、「刺身にわさびをつける」といった食べ方は、こうした食品の作用をうまく利用して食べ合わせをよくするための、昔の日本人の生活の知恵とも言えるのです。


 

 

 東洋医学では、身体を冷やす食べ物「寒涼食」、身体を温める食べ物「温熱食」という分類をしますが、たとえ「寒涼食」であっても、「温熱食」との食べ合わせによって冷やすさようを相殺することができます。



 たとえば、「冷奴には生姜とあさつきをのせます」が、
「生姜」や「あさつき」には血行を促進し、身体を温める作用がありますから、「冷奴」の身体を冷やす害は帳消しになるのです。



 

 他の例では、「ほうれん草のごま和え」がお馴染みだと思います。ほうれん草はビタミンAとビタミンCが豊富に含まれているうえ、食物繊維が豊富で便秘を改善する効果がありますが、身体を冷やすのが欠点です。そこで、「温熱食」であるゴマを加えるのです。



 他の和え物では「キュウリと鶏のささみのゴマ酢和え」があります。キュウリは96%が水分で、生で食べた場合は身体を冷やしますが、「ささみ」「ゴマ」「酢」の持つ温熱作用によって、身体を冷やす害は打ち消されるのです。



 

また、ここでは「アスパラガス」と「セロリ」という、身体を冷やす害をもつ食材の食べ方の一例として「中華風のうま煮」を紹介します。



 

冷え性改善の食事「中華風のうま煮」の作り方



 
@鍋に油を熱し、短冊に切ったアスパラガスを炒め、塩を一振りします。


 Aお湯を加え、煮立ってから1分ほどゆでて、ゆで汁だけ捨てます。


 Bそこに短冊切りのセロリ、カニのほぐし身、みじん切りのネギ、ショウガ、油を加えて炒め、中華スープを入れて、塩、コショウ、酒で味を調えて煮詰めます。


 C最後に、水で溶いた片栗粉とゴマ油を加えて、とろみをつければ出来上がりです。


 Dネギ、ショウガ、ゴマ油、酒、の全てに身体をあたためる作用があります。



 

 生の大根やコンニャクも「寒涼食」に属しますので、ジャガイモ、かぼちゃ、鶏肉、豚肉などと一緒に煮物にするのがおすすめです。加熱の効果に加えて、かぼちゃ、鶏肉の温熱作用で大根やコンニャクの寒涼作用が相殺されます。



冷え性改善の食事「ごぼうと牛肉の煮物」



 「ごぼうと牛肉の煮物」もおすすめです。ごぼうは「寒涼食」の一つですが、牛肉は「温熱食」ですから身体を冷やす害を打ち消すことができます。


 

 このように、食べ合わせ次第で「寒涼食」の身体を冷やす害を打ち消すことができるので、いろいろ工夫して召し上がってください。





冷え性改善対策研究所 | 冷え性改善に効く冷え性改善食べ物や冷え性改善飲み物などのご説明



リンク集

冷え性wiki


 Copyright©2006 冷え性改善対策研究所 All Rights Reserved.