冷え性の冷え性による冷え性のためのホームページ

冷え性改善対策研究所
本文へジャンプ



冷え性の原因

冷え性とは何か?
原因は?
症状
種類
女性になぜ多いのか?



冷え性の改善・対策

◎食事

○効果のある食べ物

「陽性」の食べ物
「ネギのみそ汁」を毎朝一杯
「各種ビタミン」について
特効薬である「香辛料」

○効果のある飲み物

ティータイムには「熱い烏龍茶」

○よくない食べ物

避けたほうがよい「陰性」の食べ物
「甘いもの」
「季節外れ」の野菜や食べ物

○効果のある食べ方

身体を冷やす食べ物の害を消す「食べ合わせ」
生野菜を身体を冷やさない食べ物にする「調理法方」



◎衣服&履物
 
「ショーツ」
「5本指ソックス」
「腹巻き」
「レッグウォーマー」
「マフラー」
「サマーブーツ」



◎入浴

○入浴剤効果

体質に合った「漢方生薬」を湯に入れる薬湯
冷え性だけでなく神経痛にも効果的な「塩風呂」
冷え性だけでなく肌のトラブルにも効果的な「ドクダミ湯」


○入浴方法

「足の裏」をブラシや軽石でこすり体質改善
足腰の冷えにあら塩を入れた「足湯」

○入浴後の過ごし方

「野球のボール」を使い入浴効果をさらに高める
自律神経の働きを整え、全身の血行をよくする「塩ぬり療法」




◎身体への刺激

○ウォーキング

「ウォーキング」が冷え性によい理由
「ウォーキング」に適したコース
「ウォーキング」に適した姿勢
「ウォーキング」に適したウェアの選び方
「ウォーキング」用グッズ
「ウォーキング」に適した靴の選び方と正しい履き方
「ウォーキング」の3大タブー
「ウォームアップ」と「クールダウン」


○運動&体操

つま先立ちをする「背伸び運動」
ハイヒールが原因の冷え性に「アキレス腱伸ばし」


○マッサージ

へそ・腰・足の裏への「焼き塩マッサージ」
「足のつけ根」を3本指で指圧



◎ツボ

「健康ハンマー」を使って手足のツボを刺激
「掃除機」を使って手足のツボを吸引
「青竹」を使った冷え性体質の改善
手足の冷え対策に「使い捨てカイロ療法」


◎漢方薬

夏場のクーラーが原因の冷えに「体質別の漢方薬」
中国の名薬「海馬補腎丸」
韓国生まれの「瓊玉膏」
冷え性や更年期症状に「四物湯」


◎アロマテラピー

アロマテラピーとは?
ハーブと精油の関係
精油の取り扱い方法
精油の保存方法
症状別・使ってはいけない精油早見表
冷え性に悩む方におすすめの精油と楽しみ方



◎その他

クーラーの冷気に「扇風機」
つらい冷え性に1日5分間の「足裏日光浴」



◎健康だるま

病気平癒だるま
厄除け祈願だるま
回復祝いだるま
健康長寿だるま
無病息災だるま
ワンちゃんだるま・グリーン



精油の保存方法


こちらのページでは

「冷え性の改善に効果的なアロマテラピー」

について説明しています。

精油の保存方法


 

 精油は日光、熱、金属などの影響を受けやすく、香りが変化したり、色が変わったりすることがありますから、保存方法にも気をつけてください。


 

  まず、精油は褐色や青などの色がついた遮光性のあるガラスビンに保存します。例外もありますが、未開封なら約2年、開封したら1年程度が品質保持の目安です。



 また、柑橘系は半年程度が品質保持の目安ですが、「サンダルウッド」や「パチュリー」のように、年月を重ねるほどに質が向上する香木系もあります。どんな精油でも、購入時には使用期限をチェックして、たくさん買ってしまわずに、使い切れる量をこまめに買うことをおすすめします。



 精油の状態がわからないときには、香りで判断するのが一番です。ハンカチなどに1滴落として、香りが新鮮かどうかを確かめてください。


 

  そして、直射日光が当たらない、風通しのいい冷暗所に、必ずビンを立てて保存しておくことが大切です(冷蔵庫などがおすすめです)。


揮発性が高く、空気に触れると劣化するので、使ったら蓋をキチンと閉めておきます。

 


もちろん、湿気や火気も厳禁です。


 芳香浴などをするときに、特に気をつけたいのが、お風呂場などに精油を保存しないことです。湯気で、精油もビンも劣化し、蓋が開かなくなってしまうことがあるからです。


また、精油はビンから直接お湯の中に落とさずに、一度、皿の上などに出してからお湯に入れる習慣をつけるようにしてください。






冷え性改善対策研究所 | 冷え性改善に役立つ62の対策方法


リンク集

冷え性wiki


 Copyright©2006 冷え性改善対策研究所 All Rights Reserved.