冷え性の冷え性による冷え性のためのホームページ

冷え性改善対策研究所
本文へジャンプ



冷え性の原因

冷え性とは何か?
原因は?
症状
種類
女性になぜ多いのか?



冷え性の改善・対策

◎食事

○効果のある食べ物

「陽性」の食べ物
「ネギのみそ汁」を毎朝一杯
「各種ビタミン」について
特効薬である「香辛料」

○効果のある飲み物

ティータイムには「熱い烏龍茶」

○よくない食べ物

避けたほうがよい「陰性」の食べ物
「甘いもの」
「季節外れ」の野菜や食べ物

○効果のある食べ方

身体を冷やす食べ物の害を消す「食べ合わせ」
生野菜を身体を冷やさない食べ物にする「調理法方」



◎衣服&履物
 
「ショーツ」
「5本指ソックス」
「腹巻き」
「レッグウォーマー」
「マフラー」
「サマーブーツ」



◎入浴

○入浴剤効果

体質に合った「漢方生薬」を湯に入れる薬湯
冷え性だけでなく神経痛にも効果的な「塩風呂」
冷え性だけでなく肌のトラブルにも効果的な「ドクダミ湯」


○入浴方法

「足の裏」をブラシや軽石でこすり体質改善
足腰の冷えにあら塩を入れた「足湯」

○入浴後の過ごし方

「野球のボール」を使い入浴効果をさらに高める
自律神経の働きを整え、全身の血行をよくする「塩ぬり療法」




◎身体への刺激

○ウォーキング

「ウォーキング」が冷え性によい理由
「ウォーキング」に適したコース
「ウォーキング」に適した姿勢
「ウォーキング」に適したウェアの選び方
「ウォーキング」用グッズ
「ウォーキング」に適した靴の選び方と正しい履き方
「ウォーキング」の3大タブー
「ウォームアップ」と「クールダウン」


○運動&体操

つま先立ちをする「背伸び運動」
ハイヒールが原因の冷え性に「アキレス腱伸ばし」


○マッサージ

へそ・腰・足の裏への「焼き塩マッサージ」
「足のつけ根」を3本指で指圧



◎ツボ

「健康ハンマー」を使って手足のツボを刺激
「掃除機」を使って手足のツボを吸引
「青竹」を使った冷え性体質の改善
手足の冷え対策に「使い捨てカイロ療法」


◎漢方薬

夏場のクーラーが原因の冷えに「体質別の漢方薬」
中国の名薬「海馬補腎丸」
韓国生まれの「瓊玉膏」
冷え性や更年期症状に「四物湯」


◎アロマテラピー

アロマテラピーとは?
ハーブと精油の関係
精油の取り扱い方法
精油の保存方法
症状別・使ってはいけない精油早見表
冷え性に悩む方におすすめの精油と楽しみ方



◎その他

クーラーの冷気に「扇風機」
つらい冷え性に1日5分間の「足裏日光浴」



◎健康だるま

病気平癒だるま
厄除け祈願だるま
回復祝いだるま
健康長寿だるま
無病息災だるま
ワンちゃんだるま・グリーン



中国の名薬「海馬補腎丸(かいばほじんがん)」


こちらのページでは

「冷え性の改善に効果的な漢方薬」

について説明しています。

中国の名薬「海馬補腎丸(かいばほじんがん)」


 

 女性の閉経の前後の時期に起こる様々な不快症状を更年期症状といいます。東洋医学では、更年期の特徴的な症状を「肝」と「腎」の働きが低下している状態と考えます。


 

 「肝」は血液を貯蔵し浄化して、その質や流れる量を管理しています。そのため「肝」の働きがうまくいかなくなると、血液の浄化が不完全になるため、血液の質が悪くなります。

 さらに血行が不順になりますので、冷えやのぼせの原因となるのはもちろん、筋肉に新鮮な血液が回らなくなって、こりや筋肉痛などを起こします。


 十分な血液が届かないので脳の働きも鈍り、イライラと怒りっぽくなり、眠りも浅くなります。また「血の道症」ともいわれる、婦人科系の疾患も起こりやすくなるのです。



 

 東洋医学でいう「腎」は、西洋医学の腎臓の働きだけでなく、ホルモン系や生殖器系の働きも含み、生命エネルギーが蓄えられる臓器と考えられています。ですから、東洋医学では様々な身体の衰え(老化現象)のことを「腎虚(じんきょ)」といい、腎の働きが衰えている状態と考えます。



 「腎虚」の具体的な症状としては、性機能の退化、カルシウム代謝の不足による歯や骨の弱まり、ノイローゼ、不眠、冷え、慢性下痢、尿の失禁、脱毛、白髪などがあげられます。さらに、腰痛やギックリ腰が起こしやすくなります。


 

 人生の半分を過ぎたあたりの更年期は、生殖器だけでなく「肝腎要」の肝と腎の働きが弱り始めてくる時期とも考えられます。このような肝、腎の働きを回復させて、特に更年期の諸症状にとても効果を発揮する漢方薬が「海馬補腎丸(かいばほじんがん)」です。


 

 「海馬補腎丸」の特徴は、動物性の生薬がたくさん含まれていることにあります。植物性の生薬に比べると動物性の生薬は即効性があり、そのうえ作用も強いです。

 日本漢方では動物性の生薬はほとんど用いられることがなく、中国漢方独特の処方です。


 

「海馬補腎丸」は20種類の生薬で構成されていますが、そのうち半分に動物性生薬が用いられています。

 「海馬(かいば)」「鹿茸(ろくじょう)」「蛤かい尾(ごうかいび)」「海狗腎(かいくじん)」「鹿腎(ろくじん)」「驢腎(りょじん)」「鮮対蝦(せんたいか)」などは腎の衰えに伴う全身の衰退を改善し、代謝を活発にします。


 

 さらに「鹿筋(ろくきん)」「花龍骨(かりゅうこつ)」も含まれており、これらは筋骨を強くし、腰などの痛みやだるさを改善するのに役立ちます。


 以上の動物性生薬に加えて、それらの働きを補助する「人参」「黄耆(おうぎ)」「熟地黄(じゅくじおう)」「枸杞子(くこし)」「桃仁(とうにん)」などの植物性生薬も含まれます。


 

 「海馬補腎丸」は、冷え性をはじめ、現代医学では解決が難しい更年期の諸症状にとても即効性のある薬ですが、その分、作用も強いので、中国漢方に詳しい医師や漢方薬局に相談のうえ、服用してください。






冷え性改善対策研究所 | 冷え性改善に役立つ62の対策方法


リンク集

冷え性wiki



 Copyright©2006 冷え性改善対策研究所 All Rights Reserved.